女性から欲しい情報を得る方法。どうすれば警戒されず聞くことができる?

女性とご飯へ行ったりして、次のデートに繋げるため、いろいろな情報を引き出したい時が必ずあります。

直球で聞いてもうまく行かないことがある可能性があります。

そんな時に、うまく情報を引き出すための方法をお伝えします。

 

自己開示

いきなりいろいろな質問をしても、それは尋問のように感じ、相手も身構えて、逆に印象が悪くなってしまいます。

またいきなり核心を突いた質問などをしても、まだ仲良くなっていないのにと、デリカシーのない人だと感じられます。

そんな時には、聞きたい情報がある場合は、まず自分から答えましょう。

しかしその情報もいきなり、過去の恋愛話など、つっこんだ話をするのはやめましょう。

段階的に深くして行くと良いです。

第一段階

マッチングアプリで女性と出会う際は、自己紹介文やメッセージのやりとりで、ある程度の情報を得ています。

それでも、再度話題にあげても良いでしょう。

例えば、仕事、血液型、趣味、休日の過ごし方、住んでいる場所などです。

 

第二段階

ある程度の情報を開示し共有できるようになってくると、もう少し深い話題でも共有できるようになって行きます。

例えば、過去の恋愛話、恋愛観、家族の話などです。

このようなレベルの話をしなければ、お相手もこちらを恋愛対象として見てくれない可能性もあるため、

ここまでの情報開示は必要となってきます。

 

返報性の原理

自己開示をしていくと、相手もこちらに対する警戒心が薄くなって行き、自分の情報を話し出します。

女性は基本おしゃべりが好きなので、話し出したら、あとはずっと話してくれる傾向にあります。

そうなれば、あとは、そのお相手からの情報をきっかけに、話を広げて行くとよいです。

こちらは相槌をうって、反論をせず、ほぼ聞き役に徹しましょう。

これをやるだけで、女性はこちらのことを、聞き上手コミュケーションがうまい

というような評価をしてくれます。

 

マッチングアプリで活用する場合

リアルで出会った人に比べて、2回目以降出会える可能性は、低くなるので、

1回目の食事やデートの際に、一通りやるとよいです。

 

特に過去の恋愛の話は必須となりますので、

その話ができるまでの情報開示は必要になってきます。夜の食事であれば、約2時間

 

まとめ

今回は女性から欲しい情報を得るための方法をお伝えしました。

やはりマッチングアプリでは、1回目のデートである程度の情報収拾をしなければ、次に進まないので、

積極的に自分の情報を出して行くようにしましょう。

しかし自分の情報を出しすぎて、自分の話ばかりになってしまうことだけは避けましょう。

2020年マッチングアプリ人気ランキング

Pairs(ペアーズ)

pairs1

国内最大級「600万人」が利用する恋愛・婚活マッチングサービス『Pairs(ペアーズ)』へようこそ!
Pairsでは、2012年11月のリリースから現在まで延べ「4,700万組」がマッチングしています。

With(ウィズ)

withはメンタリストDaiGo監修の恋愛婚活マッチングサービスです。
主に真面目にパートナー探しをしている20-30代の男女に利用中。

独自機能として性格診断イベントがあり自分の価値観と100%一致する異性を見つけられるほか、
共通点検索もできることで、見た目や条件以外にも「恋愛における価値観」や「気が合う度合い」で理想の相手を見るけることができます。

サービス登録は基本無料。上場企業が提供しているため安心・安全です。Facebookフレンドに知られることなく充実した恋活・婚活を体験することができます。

Omiai(オミアイ)

サクラゼロ宣言

-恋愛戦術
-, , , , ,

Copyright© 恋活アプリを使って4ヶ月で20人会った方法 , 2020 All Rights Reserved.